オンライン資格確認システム導入開始

オンライン資格確認システムを導入し、マイナンバーカードが保険証としてご利用できるようになりました。

マイナンバーカードをお持ちの方はご持参ください。
マイナンバーカードと保険証との紐付けも当薬局で行えます。


抗原検査キット在庫あります

新型コロナウイルス感染症の抗原検査キット(体外診断用医薬品)を販売しております。
販売に際して、店頭で薬剤師が説明いたします。

 

デンカ株式会社が新型コロナウイルス抗原測定キット

「クイックナビ-COVID19 Ag」

  1,800円(税込)

 

15分と短い時間で測定可能

1 はじめに

 

 体調が悪いことを自覚した場合は、出勤や通学を行わず、医療機関を受診してください。
 体調が気になる場合等にセルフチェックとして抗原簡易キットを使用し、陽性の場合は、速やかに医療機関を受診してください。
 陰性の場合でも、偽陰性(過って陰性と判定されること)の可能性も考慮し、症状がある場合には医療機関を受診してください。症状がない場合であっても、引き続き、外出時のマスク着用、手指消毒等の基本的な感染対策を続けてください。

 ※ 無症状者への使用は推奨されていません。
 ※ 症状がない時に使用した場合、結果が正しく出ない可能性があります。

 新型コロナウイルスの抗原検査キットは「体外診断用医薬品」を選んでください。
 国が承認した医療用の抗原検査キットは、【体外診断用医薬品】と表示されています。
 購入を希望する際は、取扱い薬局の薬剤師に相談してください。

 

2 使用に当たって

 

(1) あらかじめ検査に関する注意点、使い方等を勉強してから検査を実施してください。

(参考)検査に関する注意点、使い方等
 以下に添付している厚生労働省が示した「一般的な検査手順と留意点」に加えて、厚生労働省が以下のホームページで公開するWEB教材を参考にするとともに、各製品の添付文書における使用方法や使用するキットを製造するメーカーの提供するパンフレットや動画資料を必ず確認・理解した上で、検査を実施してください。

 

3 検査後の対応

(1) 陽性の場合
  速やかに医療機関を受診してください(以下の4も御参照ください。)。

(2) 陰性の場合
  疑陰性(誤って陰性と判定されること。)の可能性も考慮し、症状がある場合には、医療機関を
 受診してください(以下の4も御参照ください。)。
  症状がない場合であっても、引き続き、外出時のマスク着用、手指消毒等の基本的な感染対策を
 続けてください。

 

4 医療機関を受診する場合の相談方法

 かかりつけ医がいる場合は、かかりつけ医に電話で御相談ください。

 かかりつけ医がいない場合は、東京都発熱相談センター(03-5320-4592)で御相談に応じています。

 また、以下のリンク先に掲載している「診療・検査医療機関の一覧リスト」により、御自身で医療機関を探して、受診することも可能です。





 

経口補水液はどっち??

 

OS-1に代表される経口補水液は「特別用途食品」に分類されます。

特別用途食品は医薬品等には分類されないため、軽減税率の対象となるため8%の税率が適用されます。

 

栄養ドリンクについて

医薬品等に該当するもの(消費税率10%)

効果も副作用も高い順に、第2類医薬品、第3類医薬品、医薬部外品

医薬品等に該当しないもの(軽減税率対象8%)

清涼飲料水(エナジードリンクなど)

オブラートは「食品」になりますので軽減税率対象です。


協働事業提案制度採択事業「ブラウンバッグ推進活動」

「ブラウンバッグ推進活動」では、江東区薬剤師会と連携し、「お薬相談バッグ」を配布し、医薬品の適正使用の取組を行います。自宅に残されている残薬は年間500億円と言われております。残薬対策事業により、医療費の節約・削減、残薬の誤飲や不適切服薬による副作用の防止を目指します。

薬局薬剤師が中心となって、患者が日常的に服用している処方薬、OTC薬、サプリメントなどの副作用や相互作用などの問題をチェックし、残薬の管理を行うプログラムです。

江東区薬剤師会加盟薬局で配布する「お薬相談バッグ」に、飲み残しや使い切れなかった薬(残薬)とお薬手帳を入れて、調剤薬局にお持ちください。薬局では残薬の量や状態を確認し、再利用できる場合には医師と連携し、処方量の調整を行います。

窓口でのお支払いも削減できます。

 

「お薬相談バッグ」無料でご提供していますのでお気軽にお声がけください。


パート薬剤師募集中!!

子育て中の方は働き方について相談にのります。

子育てが一段落して、社会復帰に不安のある方もお気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせは下記まで

03-5858-2926



くすり・健康相談等行っております

毎週水曜日13:00~14:00頃が比較的空いています

お気軽にお立ち寄りください

 


<ごあいさつ>

たんぽぽ薬局大島店では、お薬の良き相談相手としての「かかりつけ薬局」を目指しています。

お気軽にご相談ください。

専門知識を活かし、皆様の健康生活を真心でサポートいたします。

皆様のご来局を心よりお待ちしております。

 

当薬局では、個人情報の取り扱いに関する基本方針に基づいて、常に皆様の個人情報を適切に取り扱っています。個人情報の取り扱いについて、ご不明な点や疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 


当薬局では。。。

ブラウンバッグ運動を行っています。

日常的に服用していOTC 薬サプリメント処方薬の残薬当薬局で作成したブラウンバッグに入れ持参していただきます。そして薬剤師が不適切な使い方や飲み合わせの問題などがある際には、それを患者に伝えて適切な服薬指導を行うものです。

残薬の多い時は、医師に連絡し処方を調節することが出来ます。

将来的には処方を行った医師や他の薬剤師との連携も含めて、地域医療における薬物治療の適正化に役立てていきたいと考えています。
ブラウンバッグは無料お渡ししておりますので是非ご活用下さい。